趣味は広く浅く

乗鞍練で六甲へ

time 2017/06/26

乗鞍練で六甲へ

来週末に控えた乗鞍スカイラインサイクルヒルクライム対策として、日曜に六甲山を上ってきました。
近隣の山はおおよそ30分未満で上り切れてしまう山ばかりで、山をいくつかハシゴしたとしても途中で休憩できてしまい、乗鞍のように1時間以上ずっと心拍数を上げっぱなしの山を本番前に一度でも上っておこうと思ったからです。

当初は自走予定でしたが、1週間前から天気予報では雨マーク・・・
前日になっても予報は回復せず、2人がDNS、僕と乗鞍に行く友人が車載して現地近くまで移動して上る事にしました。
今週末はビワイチの予定が入っていて、予定をズラせなかったので・・・


当日は朝になっても雨が降っていて、濡れながら積み込みました。

六甲まで行く途中で強くなったり弱くなったりしてましたが、予報通り昼頃には止んだので雨に濡れる事なく出発できました。

六甲を上るのは一昨年ぶり2度目。
Stravaによると逆瀬川駅踏切~一軒茶屋までの距離は11.2km、平均斜度7%で、スタートしてしばらくは緩い坂が続くので、途中からしわ寄せがきます・・・

最近は強度の比較的低いライドならアウター縛り、山を上るライドの時はインナーローをなるべく封印するようにしてますが、逆瀬川ルートは最大斜度16%ほどあるような感じなので、斜度10%以上でインナーローを解放しました。
インナーローを使っても10%以上の区間はキツい・・・
やっぱりヒルクライムイベント前にクランクをセミコンパクトに戻したのは失敗だったか・・・
何とか足着きなしで一軒茶屋まで上りましたが、乗鞍も最大斜度は15%ぐらいあったと思うし、10%以上の区間がずっと続くと心拍より脚がキツいので、コンパクトクランクに戻そうかな・・・
でも、六甲の時と乗鞍とでは、自転車の重さは約2kg軽くなり、僕自身の体重もあと1kgぐらいは落としたいなーと思ってるので、合計3kg軽くなれば今より楽になるはずなので悩む。

肝心のタイムは、一昨年上った時より体重があるのでタイムは落ちてると思ってたんですが、4分速くなってました。
地味に出力が上がったんですかね?

雨は降ってないものの、蒸し蒸しして気持ち悪かったので、一軒茶屋で写真を撮ったらすぐ降りました。

自転車やら積み込み、汗臭いので近くにあった宝乃湯に行きましたが、入口で門前払い・・・

仕方ないので30分ほど移動して、尼崎にある和やかの湯に入りました。

風呂に入ったら隣接してるお好み焼き屋で晩飯。
運動して風呂入って飯食って、確実に眠くなるパターン。
案の定、帰りの運転は眠気との戦いでした・・・

帰宅したら注文していた変なジャージが届いていました。

変わったジャージばっかり買ってしまいます。
前に買った自転車ジャージは他の人が着てたのを見たので、多分もう着ない・・・
モニグロジャージ、進化図ジャージ、今回買ったガスレスジャージの3着体制。

車載した状態で雨の中を走ったのと、そろそろスプロケの汚れが気になってたので掃除。
前回はディグリーザーにしばらく浸けてましたが、あんまり汚れが落ちなかったので今回はブラッシング。
すぐ落ちました。

スプロケの掃除終わり。
これぐらいで許してください。

あと、通勤で使ってるランドナーのタイヤをママチャリのタイヤに交換しました。
最初はこのタイヤやったんですが、走るのをサボってた時期なので自転車通勤が嫌になるぐらいしんどかったのでクローザープラスに交換してたんですが、最近は巡航速度が30km/hを越え始めたので、またこのタイヤに戻しました。
空気圧は3bar。
車重も通勤カバンを載せると20kgぐらいになり、通勤トレーニングになります。
そのうちブロックタイヤにしようかな。

今週末は自走ビワイチで最後のカロリー消費をしてきます。

走行ログはこちら。

Total distance: 26061 m
Total climbing: 986 m
Total Time: 01:51:59

SUN UP ハンディーブラシ 先曲り 塩ビ

新品価格
¥236から
(2017/7/6 18:58時点)

兵庫県出身、京都府在住

趣味は自動車競技、ロードバイク、ウェイトトレーニング、写真、星の観測、キャンプ
多すぎて何が何だか・・・


sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


旅行

自己紹介


かいわれ

兵庫県出身、京都府在住 趣味は自動車競技、ロードバイク、ウェイトトレーニング、写真、星の観測、キャンプ
多すぎて何が何だか・・・
お問い合わせはこちらまで:blog@radishsprouts.com

読者になる

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 自転車ブログへ   


アーカイブ