趣味は広く浅く

乗鞍スカイラインサイクルヒルクライム2017

time 2017/07/13

乗鞍スカイラインサイクルヒルクライム2017

先週末、ダイエットの目標として設定していたイベント、乗鞍スカイラインサイクルヒルクライムに出てきました。
乗鞍岳を上るイベントはエコーラインを上る全日本マウンテンサイクリングin乗鞍と、スカイラインを上る乗鞍スカイラインサイクルヒルクライムがあります。
乗鞍スカイラインサイクルヒルクライムに参加するのは2年ぶり2度目。


まずは早起きして準備。
キャリアを装着して車載がずいぶん楽になりました。
結局メンドクサくてフロントチェーンリングは交換せずセミコンパクトのまま・・・

モニグロ開店と同時に駆け込む予定でしたが、準備に時間がかかり到着は9時半。
モーニングを食べて・・・

プリンも食べておく。

モニグロでダベってましたが、時間もぎりぎりなので出発。
一緒に乗鞍に行くモリビト氏を迎えに行きます。

冷却水漏れの問題がまだ微妙に残っているので、ゆっくり目のペースで乗鞍に向かいました。
なお、車内ではエアコンレス車による我慢大会が開催されていました。
昼過ぎに長良川SAで昼飯を食べましたが、定食は少なくラーメンやうどんばっかりでした。

受付に到着。
ゼッケンやプログラム、パワータグを受け取ってパワータグの動作チェック。
何人か自転車を降ろして受付してるようでしたが、パワータグの動作チェックだけで自転車は準備しなくてもいいと受理書に書いてあったので、手ぶらで受付しました。
パワータグも無事動作し、一旦宿へ。
あ、試乗もできるようでした。

おそらく奥の方に見えるのが乗鞍岳で、薄っすらと見える道を上っていきます。
雪も残っているようですね。

宿到着。
前回出た一昨年はTRDラリーチャレンジ高山と日程が被っていてラリー車をたくさん見たんですが、今回は何もないだろうと思ってたらハイランドアタック(ヒルクライム)と日程が被ってました。
どうりで競技車ではないものの走りそうな車が何台かいると思いました。

宿に荷物を置き、少し休憩してから晩飯へ。
宿で晩飯を食べる事もできますが、いつも素泊まりで外に食べに行きます。
飯屋を適当に探して国八食堂という飯屋に行きました。
注文したのは焼肉とホルモンとイカ焼き、味付けは濃いめでモリビト氏はご飯がないと食べれないとの事。
普通盛を食べた後、おかわりで大盛を食べて食べすぎた感。

飯を食べ終わって宿に戻り、明日の準備。
ゼッケンを安全ピンで止めて、自転車にパワータグの取り付け。
安全ピンが面倒なのでUCIでも使用許可されてるマグネット買おうかなぁ・・・
パワータグも取り付け。
19時になってもまだまだ明るいですね・・・

明日いる荷物といらない荷物の整理も終わり、まったりモード。
飯屋から宿に戻る途中で買ったグミやらプリンを食べます。

テレビでパイレーツオブカリビアンが放送されてましたが、明日は5時起きなので見てる途中でしたが早めに寝ました。


翌朝、準備して出る頃には宿に宿泊していた乗鞍関係者は1組だけになっていました。
時間はまだ余裕があるのでのんびり出発、駐車場は1つ目は全部埋まっていたので2つ目に。
何人かは固定ローラーでアップを始めてました。

3本ローラーでアップするモリビト氏。
せっかく持ってきてもらったんですが、僕はローラーでアップせずにスタート地点までの上り坂でアップできそうな感じでした。

スタート20分前。
ライトや荷物などいろいろ外してスッキリしてますが、1.3kgぐらいは軽くなってます。

スタート5分前。
この後、トイレに行きたくなって大急ぎで行ってきました。
さすがに1時間半以上、我慢したまま上れないので・・・
たまに直前で行きたくなるんですよね(^^;)

8時24分に僕が属する30~34歳のグループがスタート。
乗鞍スカイラインサイクルヒルクライムは距離18.4km、平均勾配約7.2%で、序盤の方が斜度があり後半は緩くなるコースです。
と言っても、平均斜度詐欺なので、前半は12~13%を越える場所がちょくちょくあり、後半は斜度が緩くなるとの事ですが、それでも8%ぐらいあったと思います。
軽いギアをくるくる回すよりも、1~2枚重いギアを踏んだ方がタイムがいい傾向があるので、今回もなるべくインナーローを使わないように走ろうと思ってました。
が、半分ほどで力尽きてインナーローに・・・
タイムの方は半分辺りで計算してみたところ、このペースが維持できれば自己記録を更新できそうな感じでした。
しんどいので気を紛らわせる為に後半までひたすら時間の計算ばっかりしてました。
2年前も走ってるので、森林限界を越え、見覚えのある九十九折のコーナーが見えてきて、ようやくもうすぐ終わりか・・・と思いながら時間計算。
ゴール前のちょっとした平坦でがんばって踏んでブチ抜いて、その直後の斜度9%ほどの坂でブチ抜いた人に抜かれるという醜態を晒しながらも無事ゴール。
ゴール直前で後ろからハアハア聞こえてきたので意地でも抜かせてやりませんでした。
ゴールしてすぐのところに雪が残ってたので1枚パシャリ・・・

当然、走ってる最中の写真はありません(笑)

後は何枚か。

モリビト氏に撮ってもらいましたが、眠そう・・・

寒かったので何枚か写真を撮ったらウインドブレーカーを着てさっさと下山。
先導車に続いて連なって下山するんですが、ホイールが熱くなるので途中で何度か休憩するとの事。
ディスクブレーキだと、こういう時に何も考えなくてもいいです。
最初の休憩は下山し始めてすぐ。
多分、景色撮る為に止まってくれたんかな~と思ったんですが、ガスってて何も見えず・・・

その後も途中で1回休憩し、スタート地点まで無事戻りましたが暑い。
すぐウインドブレーカー脱ぎました。
翌日気づいたんですが、耳が霜焼けになってました。
やっぱり上は寒かった。

タイムを書いた完走証をもらおうかと思ってたんですが、時間かかりそうなのでパス。
ネットでリザルトが見れますし、Stravaでもタイム分かりますね。
タイムの方は2年前から9分ほど速くなり1時間31分51秒861でした。
目標は1時間40分切りだったので、無事達成しました。
次の目標は1時間30分切りでしょうか・・・

帰りはアサリとキノコのスープパスタを食べ・・・

中華料理を食べ・・・

消費したカロリー消し飛んだかも(^^;)

来週はアワイチ、再来週は和歌山山岳デスライド、再々来週は自走しまなみ海道・とびしま海道、再々々来週は草津ナイトレースの予定です。

乗鞍Photo~山頂の輝き: 写真家 三浦俊裕 写真集


sponsored link

コメント

  • はじめして、ビタミン太郎と申します。
    すごいですね。バイクには多摩川沿いに住んでいることもあり、
    興味を持っています。
    楽しそうですね。
    ありがとうございました。

    by ビタミン太郎 €2017年7月17日 12:29 AM

    • ビタミン太郎さん>
      多摩川サイクリングロードは多くの自転車が走ってるみたいですねー
      健康にもいいと思うので、ぜひ乗ってみてください!

      by かいわれ €2017年7月18日 11:04 AM

down

コメントする




CAPTCHA


旅行

自己紹介


かいわれ

兵庫県出身、京都府在住 趣味は自動車競技、ロードバイク、ウェイトトレーニング、写真、星の観測、キャンプ
多すぎて何が何だか・・・
お問い合わせはこちらまで:blog@radishsprouts.kir.jp

読者になる

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 自転車ブログへ   


アーカイブ